環境エネルギーイノベーションコミュニティについて CIC TokyoとU3イノベーションズは環境エネルギーイノベーションコミュニティを立ち上げ、8月24日に開催したキックオフイベントで7社のCore Memeberとの協業を発表し、”特定社会課題解決型”のイノベーションプログラム第1期に参加するスタートアップの募集を9月1日に開始しました。
CIC プレスリリース

現在コミュニティに参画するスタートアップ・大企業・スタートアップ支援者・投資家・自治体・政府機関・研究者を募集しています。ご関心のある方は参加規約をご確認のうえ、こちらのフォームより申し込みください。

 

環境エネルギー分野のイノベーション創出を加速するため、CIC Tokyo及びU3イノベーションズは7社のCore Memberと共同で、環境エネルギーイノベーションコミュニティ(以下「本コミュニティ」という。)を立ちあげました。環境エネルギー分野でのイノベーション創出に取り組む7社はCore Memberとして本コミュニティの運営に中心的な役割を果たしていただきます。

本コミュニティの活動としては、スタートアップの創出支援・探索から、成長支援を行うとともに、個別の社会課題を設定しそれに取り組むスタートアップとCore Membersが協業し活動を実施する特定社会課題解決型の実践型イノベーションプログラムを実施します。この特定社会課題解決型イノベーションプログラムに参加するスタートアップを9月30日まで募集します。

 

現在募集している実践型イノベーションプログラムの詳細・参加申し込みはこちら。

 

1.Core Memberおよびコミュニティパートナーについて

本コミュニティの運営のため、環境エネルギー分野のイノベーション創出に取り組む企業を募り、以下の企業に運営に中心的な役割を果たすCore Memberとしてご参画いただくことが決まりました。なお、Core Memberは今後さらに追加される予定です。

  • 株式会社INPEX
  • ENEOSホールディングス株式会社
  • 関西電力株式会社
  • 積水化学工業株式会社
  • 双日株式会社
  • 東京ガス株式会社
  • 三菱電機株式会社

2.実践型イノベーションプログラムに参加するスタートアップの募集

本コミュニティの主要な活動として、特定の社会課題の解決に向けてスタートアップと大企業の協業機会を生み出し、さらには自治体、中央省庁、投資家などのステークホルダーとの連携を加速する、実践型イノベーションプログラムを実施します。具体的には、Core Member各社が独自に持つ課題やその解決のために求める技術領域などを提示、課題解決への貢献が期待されるスタートアップを募集します。選ばれたスタートアップはCore Memberとの協業可能性を探索することで、Core Memberが提供する事業フィールドやアセットを活用、さらに自治体・中央省庁などとも連携しながら、社会実装に向けた実践の場を得ることができます。

この社会課題解決型のイノベーションプログラムは、一定期間、1つの課題(イシュー)に取り組み、初年度は1年間で2または3イシューの実施を予定しています。

 

(1)2021年度1つ目の社会課題(2021: Issue 1)

住宅の脱炭素化

 

(2) 背景

「2050年カーボンニュートラル宣言」に伴い、全ての部門において二酸化炭素を含む温室効果ガスの排出量実質ゼロが求められ、それは家庭部門についても同様です。住宅については、1980年に省エネ基準が設けられたのち段階的に改正・強化が進み、近年は国をあげて年間の一次エネルギーの消費量の収支をゼロにするZEH(ネットゼロ・エネルギー・ハウス)推進などの取り組みが進められています。しかし、ZEHのさらなる普及や既存住宅を含めた脱炭素化は未だ途上であり、新たなテクノロジーによる一層の脱炭素化推進と、その結果としての住宅関連市場の拡大が期待されます。

(3) 求めるスタートアップ・テクノロジー・製品・サービスの例

  • 〔建材・マテリアル領域〕住宅の省エネルギー性向上やライフサイクル全体での脱炭素化に資するもの
  • 〔エネルギーマネジメント領域〕住宅に関わる設備・機器(創・蓄エネ機器、家電、照明など)のエネルギー利用の効率化に資するもの
  • 〔集合住宅向けビジネス領域〕高層マンションを含む集合住宅における再エネ利用促進など脱炭素化に資するもの
  • 〔モビリティ・V2H領域〕自家用車のEV化促進および利用の効率化に資するもの
  • 〔建設テック領域〕住宅の建設やリフォームの効率化や脱炭素ソリューション強化に資するもの
  • 〔不動産テック領域〕不動産産業における脱炭素価値の可視化と流通促進などに資するもの

 

(4)テーマオーナー

「Issue 1: 住宅の脱炭素化」では、以下のCore Memberがスタートアップとの協業に取り組みます。

  • 積水化学工業株式会社
  • 他1-2社(9月17日の課題説明イベントにおいて説明予定)

 なお、「Issue 1: 住宅の脱炭素化」では、上記のテーマオーナーとの連携に留まらず、他のCore Member等との連携や資金調達を探る”オープン枠”でのスタートアップを採択する予定です。そのため、(3)に示すような幅広い領域にて住宅の脱炭素化に貢献できるスタートアップは全て採択の対象となる可能性がありますので、自社の技術やサービスが住宅の脱炭素化に活かせそうと可能性を感じる方は、是非応募をお願いします。思わぬ協業を生む可能性がある、それがコミュニティ型の実践プログラムです

(5) 応募資格

  • 設立して10年以内のスタートアップであること、又は企業の中で新規事業を検討してる部門であること。
  • 「Issue 1: 住宅の脱炭素化」に関心をもち、環境エネルギースタートアップコミュニティのCore memberとの協業を希望していること。
  • 実践型イノベーションプログラムへの参加にあたり、事務局(CIC Toranomon合同会社及びU3イノベーションズ合同会社)の指示に従う意思があること。

(6)スケジュール

  • 公募期間:2021年9月1日から2021年9月30日23:59まで
  • Core Memberによる課題説明:2021年9月17日(金)18:00-19:30
  • 採択通知:10月上旬(予定)
  • 採択者によるピッチ:10月13日 (水)18:00 – 20:00(予定)
  • プログラム実施期間:2021年10月1日から2021年12月31日まで

(7)実践型イノベーションプログラム応募要領

応募にあたっては、以下の応募要領をご確認ください。

https://docs.google.com/document/d/1va6yfRs3TTr_8xSnMxlhZSstsU__4nc54o6pP663PYg/edit

 

(8)実践型イノベーションプログラム応募方法

以下の応募フォームよりご応募ください。

https://forms.gle/cDxFPGV2iKtLPsY29

 

現在コミュニティに参画するスタートアップ・大企業・スタートアップ支援者・投資家・自治体・政府機関・研究者を募集しています。ご関心のある方は参加規約をご確認のうえ、こちらのフォームより申し込みください。